学校放送・ICT活用! 先生応援サイト

放送教育ネットワーク



宮城大会の目指すもの

本大会では、デジタル社会に生きる子どもたちに育む力を以下のようにおさえ、そのための学びのあり方を様々な教育メディアの活用を通して探っていきます。
(1) 情報を読み解く力
(2) 創造性とコミュニケーション力
(3) 豊かな感性と学ぶ意欲
(4) デジタル社会のモラルと人間性

以上4点を目指すものととらえ、デジタル時代の方向性を探っていきます。
皆様のご参加をお待ちしています。

大会主題 デジタル時代の学びを創る!~豊かな学びを育てる教育メディアの活用~
期  日 平成17年10月21日(金)

大会日程

[午前の部] 公開授業、研究協議、実践発表・協議、お話実技指導(幼・保)他
[午後の部] 開会行事、パネル討議、閉会行事
会場・
各校種別
主題
・幼・保部会 
仙台市青年文化センター「豊かな感性を育む放送の活用」

・小学校部会
①仙台市立北六番丁小学校「デジタル教材を活用した環境交流学習の試み」
②仙台市立岩切小学校「興味を持って取り組み相手にわかりやすく伝えることができる児童を育てるための指導法の工夫」「自分の考えや思いを伝え合うことができる児童を育てるための教育メディアの活用法を探る」「児童のコミュニケーション能力や社会参加能力を高めるための学習指導法の工夫」

・中学校部会

仙台市立七北田中学校「放送番組を活用した授業」

・高等学校部会
仙台市青年文化センター
①地理を立体的に視る~メディアを利用した地理Aの授業~ 
②聴覚障害の生徒の受講を機会にプレゼンテーションソフトによる授業に完全移行してみて 
③高等学校教科「情報」ポータルサイトP.SITEの構築

・パネル討議 仙台市青年文化センター 
「デジタル社会を生きる子どもたちに求められる力」
コーディネーター 稲垣 忠氏(東北学院大学)
パネリスト 成瀬陽子氏(登米市立西郷小学校)
工藤 哲氏(仙台市立七北田中学校)
上杉茂樹氏(宮城県泉館山高等学校)
NHK学校放送番組制作者

参 加 費 2000円
主  催 東北地方放送教育研究協議会、宮城県学校視聴覚教育協議会、宮城県連合小学校教育研究会視聴覚教育部会、宮城県連合中学校教育研究会視聴覚教育部会、宮城県高等学校視聴覚教育研究会、仙台市小学校教育研究会視聴覚教育部会、仙台市中学校教育研究会視聴覚教育部会、NHK仙台放送局、全国放送教育研究会連盟
後  援 文部科学省、厚生労働省、青森県教育委員会、岩手県教育委員会、秋田県教育委員会、山形県教育委員会、福島県教育委員会、宮城県教育委員会、仙台市教育委員会、宮城県小学校長会、宮城県中学校長会、宮城県高等学校長会、仙台市小学校長会、仙台市中学校長会、宮城県国公立幼稚園教育研究会、宮城県私立幼稚園連合会
申し込み・
問い合わせ先
放送教育研究会東北大会宮城大会実行委員会総合事務局
〒983-0821 宮城県仙台市宮城野区岩切字今市東1-2
仙台市立岩切小学校  若有 信
電話(022)255-8012 ファックス(022)255-9128


第47回放送教育研究会東北大会 宮城大会    
実行委員長 清水眞哉(仙台市立岩切小学校長) 



詳細をご覧ください (1.75MB) 印刷ページはこちら
getAcrobat Reader PDFファイルとは、いろいろなマシン環境の下でも閲覧できる
ファイル形式のことです。

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe社のAdobe Reader(無料)が必要です。
Adobe社のページからダウンロードし、インストールしてご利用ください。

ブロック大会開催予定に戻る⇒
ページトップへ