学校放送・ICT活用! 先生応援サイト

放送教育ネットワーク

深い学びの実現に向けた放送学習プロジェクト
プロジェクトメンバー募集案内はこちらから

1.本年度の研究に際して

全放連はこれまで,時代が求める諸課題について,研究プロジェクトを立ち上げて,社会や教育界のニーズに合わせたテーマを設定し,実践研究を進めてきた。今年度からは「深い学びの実現に向けた放送学習プロジェクト」として,前プロジェクト研究の成果や全国各地の先生方とのネットワークを継承しつつ,実践研究を積み重ね,「放送教育における深い学びの実現とは」という問いに対して,全放連がこれまで大切にしてきた学習者主体の学びを通して実証していきたいと考えている。
 29年度は,今日的な教育課題や次期学習指導要領を踏まえた放送教育のあり方について探っていく。具体的には「放送教育の教育的効果を検証する研究」,「子供の学習スタイルによる指導の在り方の研究」,「スタートカリキュラムに対応した授業づくりと番組についての研究」という柱を立てて,日ごろの授業実践を整理していく。


2.活動の期間・場所など

①実施期間

平成29年4月1日~平成30年3月31日

②場  所

NHK放送センターを中心に全国メンバーの各学校

③委員の構成

全国の幼稚園・保育所・こども園,小学校,中学校,高等学校,特別支援学校の5校種の教員
NHK青少年・教育番組部制作者
専任講師  堀田 博史(園田学園女子大学教授)


3.活動の概要

(1)放送教育実践で期待できる教育的効果の検証と教育的効果を生かした授業研究と検証

  

①さまざまな校種による授業研究と検証
幼稚園・保育所・こども園,小学校,中学校,高等学校,特別支援学校,教員養成系大学の学生からメンバーを構成して,多校種・多教科実践という放送教育の得意分野を生かした研究を進める。

②日本全国の教員による授業研究と検証
日本全国の教員がメンバーとして参加することで,放送教育の教育的効果を共有していく。

③定期研修会と研究授業の開催
年4回程度のプロジェクト定例研修会を開催。プロジェクトメンバーの授業づくりに役立つ研修会や実践を持ち寄り検証する研修会を開催する。また,プロジェクトメンバーによる研究授業を年1回程度行う。研修会と研究授業を通して放送教育の教育的効果を共有していく。

(2)放送教育実践で期待できる教育的効果の普及

  

①研究の成果を発信
全放連ウェブサイト,全国大会,ブロック研究大会,JAETなどの学会,2月に開催する報告会においてプロジェクトで蓄積した成果を発信していく。

②プロジェクトメンバーの拡充
これまでの放送教育実践者,新しい放送教育実践者,放送教育に興味・関心のある教員,指導主事にも参加を募っていく。

(3)全放連組織を生かした研究の推進

  

①全放連研究方針とリンクした研究活動を行う。

②全国大会開催地の実践者との連携を図る。

③教員,研究者,番組制作者それぞれの立場でかかわりながら研究内容を深めていく。

(4)プロジェクトの研究実績を全放連研究推進部で検証し全国組織に還元する

   研究プロジェクトでは,多様な視点からの実践が出てくることが考えられる。新しい教育的ニーズにこたえるもの,伝統的な放送教育の精神を引き継いでいるもの,どの先生でも再現可能な授業実践など・・・これらの実践研究について全放連研究推進部として全放連の研究方針の参考としていく。

4.平成29年度活動計画

期 日 内 容
 5月13日(土)
第1回研修会  研究計画の作成
 7月22日(土)
第2回研修会  授業実践のもちより
12月15日(金)
研究授業  川崎市立平間小学校 宮崎誠教諭

活用番組 未定

12月16日(土)
第3回研修会 授業実践をまとめる
 2月11日(日)
中間報告会 
ページトップへ