学校放送・ICT活用! 先生応援サイト

放送教育ネットワーク

ネットワーク通信


2011年6月6日(月)

全国大会に向けて ~第62回大会の取り組み~

全放連全国大会担当 草柳 譲治(川崎市立南原小学校 教諭)

全国放送教育研究会連盟(以下 全放連)は、8月3日(水)、国立オリンピック記念青少年総合センターにて第62回全国大会を行います。今大会は当初2日間の予定でしたが、先の東日本大震災におけるさまざまな状況や環境を考慮し、1日開催に変更して行うことになりました。その旨をご理解いただき、テーマにもある放送学習を通じて “未来を拓く”大会にしていきたいと思います。よろしくお願いいたします。

大会の詳細は次のとおりです。(本ウェブサイトの全国大会ページも合わせてご覧ください。)

大会テーマ

ネットワーク社会におけるメディアとヒューマンコミュニケーション
~人間力をはぐくみ 未来を拓く 放送学習~

開会行事

開会行事では、これまで放送教育にご尽力された方の表彰をした後に、全放連の研究部長による基調提案を行います。続いて学校放送番組を制作しているNHKのプレゼンテーションもあります。この2つを通じて今大会の指針をご案内します。

分科会研究Ⅰ「番組別研究・研修会」

開会行事後、午前中は『分科会研究Ⅰ「番組別研究・研修会」』を行います。

  • 幼稚園・保育所向け番組
  • 道徳番組
  • 社会科番組
  • 理科番組
    今年度から新しくなった理科番組や社会科番組の活用の仕方について、実践者、研究者、そして番組制作者を交えて一緒に考えていきます。また、これまでの番組についても、様々な校種を交えて多様な活用の仕方について考え、放送学習の新たな可能性を参加者の皆さんと探っていきます。
  • 校内放送研究Ⅰ
    過去のNHK杯放送コンテストに出品された作品を紹介しながら意見交流をおこないます。
  • 一般・OB
    坂の上の雲”に因んで「月給40円」~司馬さんと人間・正岡子規

分科会研究Ⅱ「テーマ別研究交流会」

午後は、『分科会研究Ⅱ「テーマ別研究交流会」』を行います。

  • 人間力の育成
    人間力の育成を目指した道徳や特別支援等での放送番組活用について、実践をもとに考えていきます。
  • 豊かな心
    豊かな感性や心を育むことを目指した幼稚園・保育所向け番組等の活用について実践を通して考えていきます。
  • ICT活用
    学力向上や豊かに生きる力の伸長をめざし、放送番組や他のメディアを活用した実践をもとに考えていきます。
  • 校内放送研究Ⅱ
    アナウンスや朗読の仕方について、講師の先生を交えながら講習会を開催します。

大会まとめ

「これからの放送教育の可能性と課題」について、午前、午後の各分科会で指導をいただく以下の先生方からお話を伺います。

稲垣  忠(東北学院大学 准教授)
木原 俊行(大阪教育大学 教授)
中橋  雄(武蔵大学 教授)
堀田 博史(園田学園女子大学 教授) [五十音順]

司会進行 田端 芳恵(全放連研究推進部長)

なお、この夏、首都圏では大幅な電力不足が予測されることから、会場を変更することも考えられます。その際には、本ウェブサイトの全国大会ページを中心にアナウンスをさせていただきます。どうかご理解ご協力をくださいますようお願いします。

この記事は、日本視聴覚教育協会発行の月刊「視聴覚教育」6月号にも掲載されています。
日本視聴覚教育協会ホームページ(放送教育ネットワークのページを離れます)

このページでは、全国放送教育
研究会連盟とNHKサービスセンターの取り組みや関連情報をご紹介します。
平成29年度
平成28年度
平成27年度
平成26年度
平成25年度
平成24年度
平成23年度
ページトップへ