学校放送・ICT活用! 先生応援サイト

放送教育ネットワーク

ネットワーク通信


2013年4月15日(月)

さらに充実 NHK学校放送番組

NHK青少年・教育番組部専任ディレクター 宇治橋 祐之

平成25年度のNHK学校放送番組では、幼稚園・保育所、小学校、中学校向けに8番組を新作、また、長年親しまれてきた「おはなしのくに」は、タイトルは変わりませんが、10分番組として新たにスタートします。

平日9時から10時15分の時間帯は、国語や算数、理科、特別支援教育、新しい人形劇(道徳)などで、高品質の新番組を開発するとともに、時代のニーズと子どもたちの気持ちに寄り添うことに、より大きな力を注ぐことを目標として制作しています。

たとえば、大きな社会問題となっている「いじめ」について、子どもたちに考えていただく番組。また、多くの尊い命が犠牲となった東日本大震災後の日本で、自然の力を正しく理解し命を守るためにどう行動したらいいかを考えていただく番組などを、新しく編成いたします。

また、9時から9時10分(金曜日は9時15分)の時間帯の番組は、対象を幼稚園・保育所から小学校として、幼保小連携を考えて編成しました。放送はこれまで通り、原則2週間ずつなので、計画的に視聴や録画ができます。

今年度からの新たな取り組みとして、学校の授業だけでなく、帰宅後のお子さんたちや、保護者の皆様に見ていただくため、月曜から金曜の午後3時30分〜3時40分に、学校放送番組の再放送枠を設けました。さらに「いじめ」や「防災」に関する番組は、金曜日夜や日曜日等にも放送いたします。

木曜深夜(金曜午前)の1時から1時50分の時間帯は中学・高校向けの「10min.ボックス」をこれまで同様に放送します。放送は週1回ずつとして、まとめて録画しやすいようにしました。放送は前期と後期、それぞれ20本ずつになります。さらに1時50分から2時20分の時間は学校放送ライブラリーとして、放送が終了した番組を編成します。シリーズの一部の回の放送のものもありますが、NHK for Schoolのウェブサイトでは、すべての回の動画を視聴することができます。

4月8日(月)から順次、新番組が登場し、ウェブサイトもリニューアルしました。今年度もNHK for Schoolの番組やコンテンツをぜひ活用ください。

「NHK for School」ウェブサイト (放送教育ネットワークのページを離れます。)

この記事は、日本視聴覚教育協会発行の月刊「視聴覚教育」4月号にも掲載されています。
日本視聴覚教育協会ホームページ(放送教育ネットワークのページを離れます)

このページでは、全国放送教育
研究会連盟とNHKサービスセンターの取り組みや関連情報をご紹介します。
平成29年度
平成28年度
平成27年度
平成26年度
平成25年度
平成24年度
平成23年度
ページトップへ