学校放送・ICT活用! 先生応援サイト

放送教育ネットワーク

ネットワーク通信


2014年04月08日(火)

いつでもどこでも、子どもたちの学習をサポート!

NHK for School

NHK制作局 青少年・教育番組部 田中瑞人

■ウェブサイトを4月から大幅リニューアル

NHKでは、幼稚園・保育所から小学校・中学校・高等学校まで、子どもたちの学習に役立つ番組を豊富に制作しています。これらの番組は、時間や場所の制約に縛られることなくいつでもどこでも学べるよう、NHK for Schoolのウェブサイトで、まるごと配信しています。

4月からは、このサイトを大幅リニューアル。配信中の6,000本の映像に楽しくアクセスしていただけるよう、さまざまな工夫を加えています。教室での授業から、自宅での予習・復習、そして夏休みなどの自由研究まで、あらゆる場面で、ぜひご活用ください。

NHK for Schoolのウェブサイト
■国語・算数に加え、実技系番組もパワーアップ

平成26年度の小学校向けの新番組は、国語『ことばドリル』、算数『さんすう犬ワン』に加えて、図工『キミなら何つくる?』、体育『はりきり体育ノ介』と、実技系教科に向けた番組が登場します。図工や体育については、ICTの活用も視野に入れた新しい内容となります。

【新番組】ことばドリル(小学校1・2年国語)Eテレ 月曜日 午前9:00~9:10

●初めての読み・書きが楽しく身につく国語番組

ことばドリル新番組『ことばドリル』は、「初歩の読み・書き」を、番組とドリル教材をセットで利用することで、飽きずに楽しく身につけられる番組です。漢字ドリルなどの反復練習だと、すぐに飽きてしまう子どもたちに、うってつけの番組です。

番組では毎回、「読み・書きで失敗する大人たち」を楽しいコント劇で見せ、子どもの身近にある言語ルールに気づかせます。さらに、番組と連動したドリルで、正しい言語ルールを習得するためのトレーニングができます。

●番組+ドリルで、楽しく反復練習

注目は、『ことばドリル』が提供するドリル。子どもが飽きずに楽しく反復練習するうちに、自然に言語ルールの基礎が身につきます。また、番組の「漢字の歌」コーナーと連動した“歌っておぼえる漢字ドリル”もホームページで提供します。ぜひ、番組視聴とあわせてご利用ください。

【新番組】さんすう犬ワン(小学校1~3年算数)
Eテレ 月曜日 午前9:10~9:20/午後3:30~3:40 再

●街のお困り事を「算数」で解決!

さんすう犬ワン算数がめちゃめちゃ得意な警察犬「さんすう犬」ワンが、街のお困り事を解決する痛快コメディドラマです。算数を悪用してモメごとを引き起こすのは、謎の怪人カズラー。ワンは、さんすう交番の仲間(テンコとキュウべイ)と一緒に算数の力でカズラーを倒し、街に平和を取り戻すのです。

●「算数」って身近にあるんだ!

私たちの身の回りには、実にたくさんの「算数」が隠されています。カズラーが引き起こすトラブルの元は、数の数え方や、測り方、計算の仕方での、日常によくありがちな勘違いばかり。ワンたちは、算数の本質的な考え方に立ち戻ることで、誤解を解いてゆきます。

●「算数」って楽しい!

ワンたちは、図で表したり、実際にやってみたり、手と体を使いながら、謎解きに駆け回ります。わくわくドキドキのストーリー展開!算数と初めて出会う子どもたちが、「算数って楽しい!」と思えるような仕掛けが満載です。

【新番組】キミなら何つくる?(小学校5・6年図工)
Eテレ 水曜日 午前9:10~9:20/木曜日 午後3:30~3:40 再

●「正解」はない!「自分の思い」を表す作品をつくろう!

キミなら何つくる?番組では毎回、高学年の図工のテーマを1つとりあげます。図工が大好きなやんちゃな3人組が、和気あいあいと三者三様の作品をつくっていきます。決まった「正解」がない中で、自分の思いを表すための「発想・構想」の過程を大切に伝えます。

●「自分も相手も認め合える」図工って素晴らしい!

発想の過程のほか、技術的なポイントなど授業で役立つヒントが満載!また、自分を表現する楽しさや友だちの作品を鑑賞する楽しさ、作品を通して自分も相手も認めあえる、図工の素晴らしさも伝えます。

●豊かなバリエーションが広がる!「キミなら何つくる?」

毎回そのテーマのプロも登場。プロの作品や、子どもたちにとっても参考になる「プロの技」も紹介します。また、小学生がそのテーマで実際に製作した作品も多数紹介。いろいろな人の作品をみることで、「自分ならこうつくる!」という思いを応援します。ホームページやタブレットで全国の作品が見られるなどの新趣向にもご期待ください。

【新番組】はりきり体育ノ介(小学校3年〜6年体育)
Eテレ 水曜日 午前9:10~9:20/金曜日午後3:30~3:40 再 *10月から放送

●「映像」と「ことば」で苦手を克服する、まったく新しい体育番組

はりきり体育ノ介ICTの普及に伴い、タブレットを体育授業に取り入れる学校が増えています。『はりきり体育ノ介』は、そうした現場のニーズに合わせて、分割視聴・部分利用しやすいように工夫した新しい体育番組です。番組は、1.一流アスリートによる「お手本映像」、 2.よくあるつまずき例を見せる「つまずき映像」、3.友だちと実技を撮り合い、自分のつまずきポイントを知って練習する「自分撮り&練習」、 4.体育がより楽しくなる「体育ノ歴史」などのミニ雑学コーナー、の4つの要素から構成します。

●一流アスリートの動きが、目で見てわかる

「お手本」を演じるのは、2004年アテネオリンピック体操・金メダリストの冨田洋之さんをはじめとする一流のアスリート。さらに「お手本」と「つまずき」映像は、ハイスピードカメラや多視点撮影システムなどの撮影技術を駆使し、ポイントをわかりやすく伝えます。授業中にタブレットで見せるクリップ動画としてもぜひご活用ください。

この記事は、日本視聴覚教育協会発行の月刊「視聴覚教育」4月号にも掲載されています。
日本視聴覚教育協会ホームページ(放送教育ネットワークのページを離れます)

このページでは、全国放送教育
研究会連盟とNHKサービスセンターの取り組みや関連情報をご紹介します。
平成29年度
平成28年度
平成27年度
平成26年度
平成25年度
平成24年度
平成23年度
ページトップへ