学校放送・ICT活用! 先生応援サイト

放送教育ネットワーク

ネットワーク通信


2015年7月29日(水)

子どもが生き生きと学ぶ放送学習プロジェクト-学習者を主体とした放送番組活用-

全放連研究プロジェクト委員長 片岡 義順(川崎市立新城小学校)

 全国放送教育研究会連盟(以下、全放連)では、放送教育の研究推進と普及をめざした研究プロジェクト活動を行っています。26年度からは堀田博史先生(園田学園女子大学教授)を講師に招き、「子どもが生き生きと学ぶ放送学習プロジェクト」に取り組んでいるところです。

■26年度のプロジェクト活動報告

 子どもが生き生きと学ぶ放送学習プロジェクトのメーリング登録者は75名(平成27年6月20日現在)となり、現在もその数が増加しています。所属先も北海道から沖縄県にまでわたり、幼稚園・保育所、小学校、中学校、特別支援学校の教員とNHK番組制作者、研究者で構成しています。
 昨年度の7月と1月にはプロジェクトメンバーによる授業検証会を行いました。2月15日には1年間の実践の成果を報告する中間報告会を開催しました。27実践のポスターについて発表し、その後意見交流を行いました。
 1年目の研究活動を通して、子どもが「生き生きと学ぶ」姿は、教科や活用番組、授業の意図によって多様な姿が表れていることが明らかになりました。(表1)

 普及活動では、11月に作成した、放送教育の普及とプロジェクト活動の広報を目的としたリーフレットを作成(図)して全国に2,000部を配布しました。
 また、子どもが生き生きと学ぶ放送学習プロジェクトウェブページ上では、全国各地のプロジェクトメンバーが昨年度取り組んだ実践について、25実践を紹介しています。ご覧ください。

 

■今年度(27年度)のプロジェクト活動について

 昨年度のプロジェクト活動で出た成果を見るとそれぞれの教科でのまとめを見ると、今日的な教育のキーワードとの関連が深いことが判明しました。
 これまでに放送教育で大切にしてきた、「学習者を主体にした教育」という理念は、今日注目を集めている「アクティブラーニング」「授業のユニバーサルデザイン化」「わかる・できる授業」「考える道徳」などの考えを多分に含んでいるということです。
 そこで、今年度の研究は、上述した前年度整理された内容について、授業実践を重ねて検証を行っていきます。
 全国大会分科会テーマでのプロジェクトメンバー発表者が多数います。授業実践についてプロジェクトでも積極的にかかわっていきます。
 昨年度の課題の1つとして、研究成果のエビデンスがあげられました。「子どもの瞳が輝いていた」「意欲的に取り組んでいた」の根拠となる客観的なデータとなる資料として評価シート(授業振り返りシート)を作成します。その際に客観性・再現性があることを大切にしていきます。研究実践は、外部評価が得られる日本教育メディア学会などの場で発信していく予定です。
 全国各地のプロジェクトメンバーがそれぞれの地域でもプロジェクトの理念にのっとり、活動を行っていくことを推奨していきます。その情報や成果をプロジェクト内で共有し、プロジェクト活動を推進していきます。各地のメンバーとの連携も深めていけるよう取り組んでいきます。
 普及面では現在75名になったプロジェクトメンバーを、引き続き増やしていきます。今年度もプロジェクト活動の取り組みを紹介したリーフレットを作成して、配布をしていきます。

今年度の主な活動予定
8月4日・5日 全国大会
10月17日・18日 日本教育メディア学会発表
11月 プロジェクト制作リーフレット配布
12月 研究授業
2月20日(土) 中間報告会
…毎月1回程度の研修会を実施

■プロジェクトメンバー活動紹介1

 岐阜県では有志で集まり、プロジェクトミニ勉強会を開催しています。現在は、4人で活動している大変小さな会ですが、この会のおかげで自分がプロジェクトで研修したことや現在の学校放送の動向などを自分だけでなく、他の先生方とも共有することができるようになってきました。日頃の学校放送を活用した授業実践の仕方や情報機器の活用など様々な視点で情報教育を考え、交流しています。
 教師として、直接授業から学ぶものは大きいです。今後は、なかなか難しいのではありますが、研究授業の実施についても考えていきます。

(岐阜市立岩小学校 手島 達雄)

★ プロジェクトメンバー募集中! ★

 子どもが生き生きと学ぶ放送学習プロジェクトではプロジェクトメンバーを募集しています。プロジェクトメンバーに参加したいという方はプロジェクトウェブサイトの募集要項をご覧のうえ申し込みフォームよりお申し込みください。

この記事は、日本視聴覚教育協会発行の月刊「視聴覚教育」7月号にも掲載されています。
日本視聴覚教育協会ホームページ(放送教育ネットワークのページを離れます)

このページでは、全国放送教育
研究会連盟とNHKサービスセンターの取り組みや関連情報をご紹介します。
平成29年度
平成28年度
平成27年度
平成26年度
平成25年度
平成24年度
平成23年度
ページトップへ