学校放送・ICT活用! 先生応援サイト

放送教育ネットワーク

ネットワーク通信


2016年2月5日(金)

第56回放送教育研究会東北大会青森大会

全放連副理事長 小堂 十(杉並区立久我山小学校長)

寒さ厳しき地域だからこその強さと温かさ

 「め。こちらゆきぐに。」「か。めぇはんで。」校長室で私たちを迎えてくれたのは、津軽弁で話すかわいいお地蔵さんと農家のおじさんが描かれた土地の名産ふじでした。藤崎町は、リンゴ「ふじ」の生まれ故郷でもあり、町一番の自慢です。100年ぶりの弘前城の移築に沸く弘前から自動車で20分程度の所に、岩木山の懐に抱かれた藤崎町はあります。ここを舞台に、11月13日「豊かな学びを支える ICT活用のあり方」を大会主題に、第56回放送教育研究会東北大会青森大会が開催されました。
 小学校・中学校・藤崎町文化センターの3会場で、午前は公開授業・実践発表、午後は開会行事・記念講演・閉会行事が行われ、約220名の参加者がありました。

 

ICT活用のよさを目指して

 藤崎町では、東北大会の会場校として子どもたちにできる限りよい学びの場を提供しようと、ICT機器やデジタル教科書等、多大なバックアップのもと環境整備がされていました。藤崎小学校の授業実践では、どの授業でもそれらを操作するだけでなく、より効果的に活用しようとする姿が見られました。
 1年生では、学校のICT機器に加え、担任自らがタブレット端末を持ち込み、算数「かたち(2)」の授業に取り組んでいました。タブレット端末から出てきた絵は、デジタルらしい真っすぐな線ではなく、担任手書きの風景画です。
 ところが、風景画には影絵がついていて、「影絵には同じ形の三角がいくつ並んでいるか」を考えられるか算数的活動を取り入れた問題解決の仕掛けがありました。時にわかりやすさゆえに、すべてパソコンソフトに頼りがちになりますが、手書きの風景画と、ICT機器の活用と操作活動を組み込む姿に、担任の先生の愛情と東北の先生の温かさを感じました。
 5年生では、社会科「これからの食料生産とわたしたち」で『未来広告ジャパン!』を活用した授業が展開されました。今回は、デジタル教科書のグラフや番組の一部を資料的に活用し、ねらいに向かって進めていく展開でした。授業者は番組を事前によく見たうえで、どの場面を資料として生かすのか入念に検討し、展開を工夫している姿勢を感じました。
 しかし、放送教育の視点からは、番組という10分~15分のコンテンツ自体が教材であることを考えると、便利さ使い勝手さ故のクリップ動画的な活用は、今後の活用における課題でもあると感じました。

 

よりアクティブな学びで思考力の育成を

 実践発表では、宮城県仙台市立錦ケ丘小学校 石井里枝教諭から「『未来広告ジャパン!』の動画クリップを活用した協働学習による思考力の育成」の報告がありました。
 この実践では、『未来広告ジャパン!』の動画クリップを分担視聴させて、アクティブ・ラーニングを意識した協働的な学習展開が提案されていました。ポイントは、

  • ①異なる動画資料から責任を持って情報収集
  • ②情報を持ち寄って共有し、整理・吟味
  • ③班の意見を明確化したCM作り

 最後に、ゴールとして作成するCMにより自分で意見を表明する(表現する)ことを求めるという流れでした。
 各班で視聴するクリップを指定するエキスパート学習、調べた結果について整理する際のジグソー学習、意見を絞り上げる時にはピラミッドチャートをしながらクロス学習を取り入れ、協働的に学習が展開できるように工夫されていました。また、伝えたいことを明確化させ、言語・文章化させ、表現に責任をもたせることも配慮し、より自分の考えが伝えられるよう工夫されていました。
 助言者の伴貴代指導主事からは、次期指導要領改訂を意識したアクティブ・ラーニングを実現している実践として高く評価されていました。
 とりわけ放送教育としてのよさとして、①動画視聴は子どもが分かりやすいだけでなく、見たい時に、必要な分だけの視聴が可能であるということ、②動画を抽出して静止画として活用することは、動画を選択・整理しながらCMとして再構成する上での効果的な手立てだったこと、という指摘は、子どもたちの頭の中をアクティブにするために、子どもたちが自分で考え、表現せざるを得ない場にしているしかけであり、番組活用においても同じだと感じました。
 公開授業と実践発表を通じて、これからの課題の発見と可能性が感じられた東北大会でした。少子高齢化や東日本大震災、さらには過疎化等の影響もあり、組織の存続も厳しい地域もある東北ブロックですが、持ち前の強さと温かさは健在です。東北の朝はきっときます。

 

この記事は、日本視聴覚教育協会発行の月刊「視聴覚教育」2月号にも掲載されています。
日本視聴覚教育協会ホームページ(放送教育ネットワークのページを離れます)

このページでは、全国放送教育
研究会連盟とNHKサービスセンターの取り組みや関連情報をご紹介します。
平成29年度
平成28年度
平成27年度
平成26年度
平成25年度
平成24年度
平成23年度
ページトップへ