Iいいけぇ Cチャレンジしてみんさい Tためになるけぇ
広島市小学校教育研究会視聴覚教育部会

 今大会で、“広島市”から発信する視聴覚教育・放送教育に、私達は様々な願いを込めています。
 その核にあるのが、「未来型授業の創造」です。そこには、ICTや番組などを継続的に使い‘新規性’と‘提案性’のある未来志向の実践を続けていこうとする強い思いがあります。
 ここでいう‘未来型’とは、「最新のICT環境を駆使して成立する」授業ではなく、育てたい児童・生徒の力を明確にし、今ある機器を効果的に活用しながら、常に情報を選択・活用し続けることによって新たな学びを構成していく教師のたゆまない意識改革を必要とする授業です。

 「未来型授業の創造」をイメージで示したのが下の図です。
 従来から大切にしている授業力・指導力を縦軸に、未来を生きていく力としてICT・番組活用力を横軸にとって考えると、教師のすぐれた授業力と人間力で学びを構成する「専門性発揮型」と、授業にICT・番組などを活用する「情報活用実践型」という2つの方向性があります。それらを意識しながら教師が授業改革していくその先には、高い授業力と効果的なICT・番組活用力が生み出す、主体的・対話的で深い学びを実践する未来型の授業があり、さらに進化し続ける授業が見えてくるというものです。


このような未来型授業が続き、広がる可能性を広島弁のキャッチコピーに込めました。

《いいけぇ》 効果的に使えば力を発揮!
《チャレンジしてみんさい》 挑戦してみることこそ、価値を実感できます!
《ためになるけぇ》 教師の力も、子供の力も向上!  


ぜひ、参加される皆様の声をいただきながら、さらなる‘未来’を創造していきたいと願っています。


Iいいけぇ Cチャレンジしてみんさい Tためになるけぇ
広島市小学校教育研究会視聴覚教育部会

今大会で、“広島市”から発信する視聴覚教育・放送教育に、私達は様々な願いを込めています。
 その核にあるのが、「未来型授業の創造」です。そこには、ICTや番組などを継続的に使い‘新規性’と‘提案性’のある未来志向の実践を続けていこうとする強い思いがあります。
 ここでいう‘未来型’とは、「最新のICT環境を駆使して成立する」授業ではなく、育てたい児童・生徒の力を明確にし、今ある機器を効果的に活用しながら、常に情報を選択・活用し続けることによって新たな学びを構成していく教師のたゆまない意識改革を必要とする授業です。
 「未来型授業の創造」をイメージで示したのが下の図です。
 従来から大切にしている授業力・指導力を縦軸に、未来を生きていく力としてICT・番組活用力を横軸にとって考えると、教師のすぐれた授業力と人間力で学びを構成する「専門性発揮型」と、授業にICT・番組などを活用する「情報活用実践型」という2つの方向性があります。それらを意識しながら教師が授業改革していくその先には、高い授業力と効果的なICT・番組活用力が生み出す、主体的・対話的で深い学びを実践する未来型の授業があり、さらに進化し続ける授業が見えてくるというものです。

このような未来型授業が続き、広がる可能性を広島弁のキャッチコピーに込めました。

《いいけぇ》 効果的に使えば力を発揮!
《チャレンジしてみんさい》 挑戦してみることこそ、価値を実感できます!
《ためになるけぇ》 教師の力も、子供の力も向上!
 

ぜひ、参加される皆様の声をいただきながら、さらなる‘未来’を創造していきたいと願っています。